火葬場での納めの式までは葬儀の儀式

葬儀とは火葬までに行う宗教的な儀式のことを言います。仏式の場合、通夜では僧侶がお経を唱えているときが葬儀の儀式ですが、昨今はお経がはじまると同時に喪主から順に焼香をします。翌日、僧侶がお経を唱える葬儀が終わってから、一般の弔問客による焼香などを告別式として行いますが、こちらも昨今は同時に行います。100人ほどの弔問客が焼香をした場合、短くても30分から40分はかかります。儀式を別々に行った場合、さらに時間がかかり、ただでさえ精神的にも肉体的にも疲れている遺族にはさらに長く感じるので、そういった負担を軽減するのも理由の一つです。

通夜の場合は焼香や僧侶による法話が終わった後に、荼毘にふす前のお別れをしたり、喪主や遺族から故人の話を聞いたり思い出を語ったりします。その後に、別部屋で「通夜ふるまい」を用意して、アルコールやおつまみがふるまわれることもあります。最近はお茶とお茶うけといった場合も多いのですが、本来通夜ぶるまいは、参列してくれた人たちで故人を偲ぶ時間とされていました。疲れている中で、故人と親しかった人たちと交流することは大変ですが、これも故人を見送るために大切なこととされています。通夜ぶるまいの間も蝋燭や線香の灯は絶やすことなく、故人の思い出話に花を咲かせます。

しかし、故人が不慮の事故などで突然亡くなったり、遺族が普通の精神状態でないときは、こういった通夜ぶるまいなどをはじめ、さまざまな儀式を簡略化することもあります。また参列してくれる人たちに迷惑がかからないように通夜、葬儀、告別式の儀式をひとまとめにして手短に終わらせる傾向もあります。火葬場に着いて、僧侶が立ち会う場合は読経とともに「納めの式」を行います。ここまでを葬儀といい、この式が終わり火葬炉に移されるとひととおりの儀式が終わることになります。

その後も、遺族は精進落としや初七日、家族が遠方から集まる場合は49日もその日の内に行うこともあります。親族が集まっているこのタイミングで行うのが昨今のスタイルになっています。