宗教的な儀式は葬儀で、無宗教の儀式はお葬式

葬儀とは本来は火葬までの宗教的な儀式のことを指します。仏式の場合は、通夜やお葬式で僧侶がお経をあげている時や出棺のことをいいますが、近年は全ての儀式を簡易化する傾向にあり、通夜ではお経をあげると同時に喪主や遺族、親族をはじめ、友人や仕事関係なども焼香をします。葬儀は家族と親族だけで行い、その後の告別式はお別れ会として友人や仕事関係が故人との別れを偲ぶというケースもありますが、昨今は葬儀と告別式を同時に行い、時間の省略化を図ることも多くなりました。

告別式会場では「葬儀ならびに告別式」という言葉をよく耳にしますが、これは故人をあの世へ送る宗教的な儀式と、故人と参列者がお別れをするための儀式という意味になります。以前は家族や親族だけで僧侶のお経を聞く葬儀の儀式を行い、その後の弔辞や弔電を読む時間や一般の人が焼香をあげる時間を告別式として、分けて考えられていることもありましたが、現在は同時に行うことが多いので「葬儀ならびに告別式」という言い方を使います。

日本人の多くは仏式で弔いますが、中には神式やキリスト教式、新興宗教なども含めてさまざまな宗教があります。またどの宗教や宗派にも属さない、あるいはあえて宗教的な儀式をしたくないという人は無宗教の儀式を行うこともあります。この場合には「お葬式」という言葉を使います。「お葬式」には宗教的な葬祭儀礼を指すことがないため、僧侶のお経もお焼香もありません。音楽好きだった個人は音楽葬や華やかなことが好きだった個人には祭壇をおしゃれに飾ったり、好きなスタイルで弔うことができます。

故人のこだわりがあり無宗教のお葬式をすることはいいのですが、宗教的な儀式がないと、単にお別れをするだけの寂しいものになってしまうこともあります。無宗教のお葬式をしてほしいなら、生前に家族や大切な人にきちんと伝えておくことが大切です。そうしないと残された家族は、特別な宗教がなくても、葬祭会社にすすめられたように僧侶を呼び、お経をあげる仏式スタイルを選んでしまうことになる可能性が高くなります。無宗教を貫きたいなら生前にきちんと伝えておきましょう。